ローン中の車 売却

ローン支払い中の車を売却する方法

●ローン残債が残っている車を売るためには

ローン支払い中の車は所有者名義が車販売店やローン会社の名義になっています。

車を売るには所有者名義がローン会社、信販会社や車販売店のままでは売ることができません。

ローンで車を購入した場合は、ローン完済後に所有権解除の手続きをして車の所有者の名義を車販売店やローン信販会社から自分のものにする必要があります。

車の所有権解除の手続きをするには、ローンの完済が前提となります。

印鑑登録証明書(発行3ヶ月以内)
車検証 
実印
委任状(販売店より受け取る)
自動車納税証明書

の書類があれば、代行手数料がかかりますが所有権解除の手続きを車買取業者が代行してくれます。

まだローン支払い中の車を売るには、まずあなたの車の買取査定額を返済額に充当させましょう。

車の買取査定額がローン残債を上回る場合は、査定額の金額の中からローンを完済させて所有権解除の手続きをします。

そうすると残りの金額があなたに支払われます。

買取査定額がローン返済額に満たない場合はローンの残額と新しく購入する車の代金を合わせて新たにローンを組み直してもらいましょう。

残額不足分をローンを組み替えることで一度完済し、所有権解除することができます。

例えばガリバーやカーチスには残債ローン組み直しサービスがあります。

車買取業者はクレジット会社と提携をしており、残債一括返済用ローンを用意しているところが多いので相談してみましょう。


 

サイトマップ